• エクササイズ紅茶 1袋
  • サブ1
エクササイズ紅茶
スマートな大人のダイエットサポート紅茶

食べたい気持ちを抑えてくれる「サポニン」、燃えるダイエッターを応援する「ガルシニア」、運動に欠かせない「L-カルニチン」を配合。
相性のよい3つの成分を組み合わせることで、より効率的なダイエットをサポートします。
ムリなく、健康的にスリムを目指す方にオススメです。

エクササイズ紅茶 1袋

容量:1袋30本入

4,060円(税込)
数量:


内容量
1袋 30本入(約30日分)
原材料名
マルトデキストリン(国内製造)、紅茶エキスパウダー(紅茶、オリゴ糖)、茶花エキス末(茶花エキス、デキストリン)、L-カルニチンフマル酸塩、ガルシニアエキス/環状オリゴ糖、香料、卵殻カルシウム(卵由来)
お召し上がり方
1日1本~3本を目安に、1本あたり120ml~160mlのお湯に溶かし、よくかき混ぜてお召し上がりください。
※アイスティーの場合は、常温の水または少量のお湯で一旦溶かしてから冷たい水を注いでください。。
アレルギー特定原材料
栄養成分表示 1本(1.8g)あたり
エネルギー:6.7kcal
たんぱく質:0.06g
脂質:0g
炭水化物:1.6g
食塩相当量:0.00055g
カフェイン:17.46mg
茶花エキス末:100mg
※食品表示基準に基づき、脂質0.5g(100gあたり)未満を脂質0(ゼロ)としています。
製造元
アピ株式会社
使用上等の注意書き
●熱湯でのやけどにご注意ください。
●体質に合わない場合はご使用を中止してください。
●お子様の手の届かない所に保管してください。
●妊娠中・授乳中の方、お薬を服用中あるいは通院中の方は医師・薬剤師にご相談の上、お召し上がりください。
●品質保持のため開封後は封をしっかり閉め、お早めにお召し上がりください。
●本品は天然素材を使用しておりますので、色・風味に若干差が生じる場合がございますが品質に問題はありません。
●食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
メール
カフェインが苦手な私でも飲める!
50代 女性 コールセンタースタッフ
もともと毎日エクササイズコーヒーを飲んでいますが私は夕方以降にコーヒーを飲むと眠れなくなるので、この紅茶がでるとなった時「やったー!」と思いました。エクササイズコーヒーに比べるとカフェイン量が抑えられるから夕飯後にも飲めるようになり、一日中サポートができているという安心感があります。普通の紅茶と味が変わらずとても美味しいし、食事とも合うので嬉しいです。
メール
とにかく美味しい!
40代 女性 M.M様
朝食後や仕事中はコーヒー、午後リラックスしたい時には紅茶を飲んでいます。このエクササイズ紅茶は甘くないのでミルクを入れたり、ハチミツ生姜を入れたりと好きにアレンジして飲んでいますよ。アイスティにしても美味しいので水分補給にもなっていいですね!
メール
美味しいから続けられますね。
30代 女性 K.H様
コロナ禍をきっかけに、通勤を自転車に変えました。そしてそれを機にダイエットもスタート。習慣になっていた間食を少し控えて、エクササイズ紅茶を飲み始めました。食事にも合うのでマイボトルに入れて持ち歩いています。普段飲んでいた紅茶と変わらず美味しく飲めるので続けられそうです。
※お客様のお声は個人の感想であり、効果を保証するものではありません。
※ダイエットには適度な運動と、栄養管理が必要です。
※法の規制により、表現を一部修正して記載しております。
Q
茶花エキスとは何?
A
チャノキ(茶の木、学名:Camellia sinensis)は、ツバキ科ツバキ属の常緑樹。
お茶の花「茶花」は古くから食用として利用されてきた記録があり、茶花エキス末に関する様々な研究結果が報告されています。
エクササイズ紅茶には1杯あたり100mgを配合しています。
Q
茶葉はどんなものを使用していますか?
A
スリランカ産のセイロンティーを使用しており、クセがなく飲みやすいのが特徴です。
Q
紅茶にカフェインは入っていますか?
A
エクササイズ紅茶には一杯あたり 17.46mg のカフェインが含まれています。
お薬を飲まれている方で、カフェインの量が気になる方は医師にご相談ください。
Q
アレルギーの原因となる特定原材料は入っていますか?
A
「エクササイズ紅茶」には、アレルギーを起こす主な原因となるの「特定28品目原材料」の中で「卵」が含まれます。
それ以外のアレルギーをお持ちの方は、原材料表示をよくご確認の上ご利用ください。
※アレルゲンは除去しておりますが由来原料に卵の言葉があるので記載しております。
Q
目安量より多く飲んでも大丈夫ですか?
A
1 日 1 ~ 3 本を目安にお体の調子に合わせてお召し上がりください。
毎日継続していただくことが大切です。